審査に通りやすい人と通りにくい人はいますか?

消費者金融は無担保で保証人なしの貸付ですから、お金を借りる個人の収入が返済原資になります。
そのために業者の方では顧客に貸付をする前に審査という信用調査を行います。

 

審査では、当然ですが安定した収入がどのくらいあるかまたは資産はどのくらいあるかが重要視されます。
収入が安定しているという面では、サラリーマンが一番ですから勤めているところがあって借入総額に対して十分な収入があれば、勤務先の存在確認が出来ないなど余程のことがない限り審査には通ります。
パートやアルバイトの人の場合でも定期的な収入がある時には個人事業主と形態は同じですから、借入に対して十分な収入さえあれば審査には通りやすいです。
借入先によりますが50万円から100万円までの借入に関してはほとんど収入証明などの書類の提出が不要な場合が多くなっています。
実質的には申告する収入額が十分であって勤め先が確認でき自宅の住所に固定電話や携帯電話があれば審査に通りやすいでしょう。

 

その他では年齢や家族構成、職業、自宅と貸家別の個人に関する情報も考慮されます。
審査に通りやすくするためには収入額を偽らない事、勤め先の確認ができる事、申し込みの時に申告する職業などの属性をきちんと記入することできれば自宅に固定電話を持っている事、過去に金融関連の事故(返済の遅延や不能など)を起こしていない事などです。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら