総量規制の内容とは

平成22年6月17日にすべての金融機関に総量規制という法律が適用されることになりました。
総量規制とは、貸金業法に含まれる法律で、その第一の内容はカードローンなどでお金を個人に貸すときには高い金利をつけてはいけないことです。

 

それまでは金融機関はカードローンなどでお金を貸すときに金利を29.2%までとっても違法ではりませんでした。
しかし総量規制では10万円以内のカードローンでは最大で20%、それを超えて100万円以内での金利は18%以内、それ以上のカードローンでは15%以内の金利しかつけられなくなりました。
一方カードローンでお金を借りる個人も最大で年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。
この法律の目的はキャッシングでお金を借り過ぎて返済ができなくなる人を少なくするためです。

 

総量規制でこのように厳しくすると無理なことが出てきますから、いくつかの除外と例外措置があります。
除外の措置は総量規制の対象にならない貸付けで、不動産を購入するとか自動車を購入するのに総量規制は関係ありません。
例外措置はたとえ年収の3分の1を超えているときでも返済能力があると認められれば総量規制の対象外になります。
これは緊急に医療費などが必要になったというようなときだけに限られますが、このようなときには総量規制の例外になることがあります。
ただし、例外措置はあくまでも特例ですから、普通には個人でお金を借りるときには年収の3分の1以内だと覚えておきましょう。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら