キャッシング会社が利用する信用情報機関

カードローンやキャッシングでお金を借りるときには仮審査と本審査があります。
本審査では申し込み者のことをいろいろと調査しますが、そのときに調べるのが個人信用情報です。
個人信用情報とは、申し込み者がどのようなところからどれだけのお金を借りていて、それをどのように返済しているかということです。
この情報を記録して保管しているのが個人信用情報機関で、全国銀行個人情報センター(KSC)があります。
これは別名を全銀協とも言います。

 

次にシー・アイ・シー(CIC)があります。
CICは主にクレジットカード関係ですが、クレジットカードにキャッシング枠がついていますから、金融会社はカードローンの審査でCICの情報も調べます。
日本信用情報機構(JICC)というところもあります。
クリン(CRIN)という機関もありますが、カードローンの審査で使われる個人信用情報は、全銀協、CIC、JICCに保管されている情報です。

 

なぜ3つの個人情報機関があるかと言いますと、個人の借り入れ先が銀行や信用金庫、消費者金融、信販会社などで、この情報を1社だけで記録・保管することができないからです。
したがって金融会社は新規の申し込みでも再申し込みでも全銀協、CIC、JICCに保管されている個人信用情報を閲覧します。
この個人情報は原則として金融機関と申し込み者しか見ることはできません。
なお、申し込み者が自分の個人信用情報を見る場合でも簡単にはできないように個人情報は厳重に保管されています。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら