初期与信とは

金融の業界では与信という金融用語があります。
これは文字通り相手の人に信用を与えるということで、カードローンやキャッシングでお金を貸すときに申し込み者を信用しますということです。
信用を与えるということは申し込み者の希望する金額を貸しても、その人には返済するだけの能力があることを信用しましょうというのが与信です。
カードローンの申込みでその借入希望金額を認めることが初期与信で、これをスクリーニングと言います。
スクリーニングでは申し込み者に利用限度額を決定しますが、その金額は金融会社により異なります。
これは金融機関によって信用度の決め方の基準が異なるからです。
したがって申し込み者の希望金額が多いときには初期与信が認められないこともあります。

 

このようなときにはいくらまでならお金を貸しましょうと、初期与信の枠を引き下げられることがあります。
たとえば年収が300万円では100万円までのカードローン申し込みができます。
100万円の希望額で申しこむと、それでは返済が無理ではないかと判断され、初期与信の限度額は減額されるか、場合によっては審査に通らないことがあります。
初期与信とかスクリーニングという言葉はあまり聞き慣れないかも知れませんが、金融機関が申し込み者を信用して安心してお金を貸すことができる限度額です。
返済してもらえることが不安な申し込み金額にはどこの金融機関でも初期与信は与えませんから、カードローンを申込むときの希望金額は総量規制の枠に余裕をもつようにしなければなりません。

 

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら