途上与信とは

銀行や消費者金融などが属するのは金融業で金融業界にはそこだけで使われる用語がいくつもあります。
そのなかに与信、途上与信という金融用語があります。
与信とは信用を与えることで、具体的にはカードローンやキャッシングを申込んだ人にその人を信用して希望する額のお金を貸すことです。
カードローンやキャッシングでは担保とか保証人は不要で、与信がその代わりになります。
審査での与信は初期与信と言いますが、お金を借りたあとでもそのお金を借りた人のカードの利用状況がチェックされ、これを途上与信と言います。
途上という意味は返済の途中ということです。

 

たとえばカードローンの返済は毎月きちんとなされているかどうか、返済はしているが元金が減った分をまた借りていて、カードローンの枠が一杯のままかどうかなどを調べるのが途上与信で、これをモニタリングと言います。
したがって、カードローンの借り換えをしてからしばらくはきちんと返済をしていたが、返済が進んで限度枠に余裕ができるとその分を借り増しするようなことは違法ではありませんが、金融会社から要注意の目で見られてしまいます。
カードローンの返済だけをしていれば途上与信はあまり問題になることはありませんが、借り増しを頻繁におこなうようなことはしないようにしなければなりません。
借り換えは借りたお金を完済するのが目的であり、完済の見通しが立たないと、将来返済ができなくなるのではないかと、途上与信に影響がでてきます。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら