消費者金融と銀行カードローンの違いとは

キャッシングは小口のお金を貸し出す(小口金融)ことを言いますが、基本的に担保をとらないことと保証人も不要であることが特徴です。
消費者金融業者でのキャッシングと銀行のカードローンは小口金融という意味では同じで、実際のところどちらも主体的な業務を担っているのは、消費者金融業者ですから独立した業者か銀行の傘下にある業者かの違いです。

 

ただ、銀行の傘下にある業者では、貸し出し総額に対する規制から除外されているということが最大の違いです。
お金を借りた時には必ず後で返す事になるのですが、返し方には一括返済、分割返済、分割返済の一種でリボルビング方式というものがあります。
最初に借入限度額と一回あたりの返済額の上限を定めておいて、その範囲内ではいつでも何回でも借入ができるというものがリボルビング方式です。
一般の消費者金融業者のキャッシングは、(業者にもよりますが)一括返済、分割返済、リボルビング方式のいずれかでも借入ができます。

 

ところが、銀行のカードローンの場合にはリボルビング方式に限られるということが2つ目の違いです。
返済方式がリボルビング払いの場合には一括返済や分割返済と比べますと、返済期間が長くなることが多く同じ金額を借りたとしても返済総額が多くなります。
しかし、リボルビング方式の返済では、顧客にいろいろな特典がつくことなど使い方によっては顧客にもメリットがあります。
その他に、銀行のカードローンの特徴は金利が他の消費者金融の金利より低いこともあげられます。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら