借り換え後に気をつけたいこと

カードローンでお金を借りることができると油断をして気が付くと給料だけでは返済ができなくなってしまいます。
そのような時の救済策がカードローンの借り換えで、借り換えをすると返済がし易いように金利が低くなります。
返済が少なくなる分返済期間は長くなりますが、毎月の返済はきちんとできます。
返済をするということは借りている元金も毎月少なくなっていくことです。
元金が減るということはその分だけは借り増しをすることができます。

 

ここが借り換えの落し穴で、借り換えで返済が楽になったからと安心はできません。
借り増しをするとカードローンの限度枠が一杯になってしまい、また最初から返済をはじめるのと同じことになります。
これでは借り換えをした意味がなくなります。

 

また、金融機関はこのような借り増しをしているかどうかを本人には知られずチェックします。
それは借り換えの本来の目的である完済を目指して返済をしているかを確認するためです。
ですから借り換えができたからと安心して、また借り増しをしてはいけません。
カードローンの借り換えは借りた多額のお金を時間はかかっても完済するためなのです。
決して借り増しをするためではありません。
借り増しが分かると金融機関は将来も返済がきちんとされるかどうかと不安になりますから個人信用が下がってしまいます。
覚えておかなければならないのはカードローンの借り換えは一本化した後では二度とはできないことです。
くれぐれも完済を目指す返済をするようにしましょう。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら