年金受給者でも借り換えできますか?

今の日本は高齢化社会と言われていますが、会社を定年退職したあとは年金で生活をする人が増えていて、この人たちを年金受給者と言います。
年金もいろいろあり、その受給金額はまちまちですが、総量規制という法律では無職や前年度の収入が無い人はカードローンでお金を借りることはできません。
そのため退職した人が年金しか収入がないとお金をかりるのは難しくなっています。

 

では年金受給者はカードローンの借り換えはできないのかというと、数は少ないのですが年金受給者でも借り換えができる金融機関があります。
ただしそうは言っても一定の条件がつきます。
年金受給者は高齢者で、高齢者になると死亡するリスクが高くなります。
したがってカードローンの借り換えはできても返済期限は限られてきます。
また申し込み者の年齢も上限を満69歳以下としています。

 

なお、多くの銀行のカードローンの年齢制限は65歳未満です。
このように年金受給者でもカードローンの借り換えはできますが、年齢に制限があります。
退職して年金収入になってもカードローンで借りたお金が残っていると返済が大変ですから、定年退職の前にカードローンのお金は完済しておかなければなりません。
基本的にカードローンやキャッシングは働いていて収入がある人を対象にしています。
このように年金受給者でもカードローンの借り換えはできますが、それはごく限られた金融機関だけですし、高齢になるとできなくなることを覚えておかなければなりません。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら