高い金利で悩んでいませんか?

総量規制ができたからどこの金融機関からカードローンでお金を借りても同じだと思うと、そのようなことはありません。
金利は金融機関によりさまざまで、法律で認められている上限の金利をとるところもありますし、それより低いところもあります。
総量規制で定められた金利は以前よりも低くいのですが、それでもまだまだ高いのです。
18%という高い金利で悩んでいる人がたくさんいます。
金利が高いと返済のときの利息が増えてしまい、返済金額がなかなか減りませんから困ります。
今では総量規制で認められている上限金利よりも低くしている金融機関が増えてきています。

 

たとえば100万円未満のカードローンでの金利は18%までとなっていますが、これを15%〜17%台に自主的に低くしている金融機関があります。
高い金利で悩んでいる人はこのように金利が低いところでカードローンの借り換えができます。

 

特に複数のカードローンでお金を借りている人は金利が低い金融機関に借り換えを申込むべきです。
そうすれば高い金利で悩むことはなくなりますし、返済が楽になります。
インターネットで金利比較のサイトを見ればどの金融機関の金利が低いかが分かります。
金利が18%と15%とではこの3%の差が返済の時の利息分に大きく影響しますから、金利が高いと悩むよりも低い金利のところを見つけたら、すぐに借り換えをしなければなりません。
金利が低い金融会社がある今では、これが賢いカードローンの利用方法なのです。

 

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら