借り換え申込み時の注意点

借り換えローンは、今借りているお金を別の金融機関から借りて返済をして、新しく借りた金融機関でローンを組むことです。
借り換えをすれば金利が低くなり、したがって利息が減るので返済がし易くなります。

 

ただし、カードローンの借り換え申し込みの時に注意をしなければならないことがあります。
たとえば総量規制が施行される前に借りたお金を今の利率で計算をしないで借り換えをすると、借入れている残高がそのまま残ってしまうことがあります。
借り換えの時には現行の利率で残高を計算し直してもらわなければなりません。
きちんとした金融会社での借り換えであればこのようなことはありませんが、借り換えをしますと言いながら法定金利以上の金利を提示する金融業者もいます。

 

このような金融会社は違法ですからそのようなところで借り換えをしてはいけません。
また、借り換えをエサにする違法な金融業者がいます。
普通にはきちんとした金融機関ではそう簡単にカードローンの借り換えはできません。

 

それは貸し出す金額が大きくなるからですが、そこを狙って保証金を払えば借り換えができるという甘い言葉で誘う金融業者がいます。
保証金が目当てですから、そのような金融業者は保証金を受け取ってから実際には何もしません。
これは明らかな詐欺ですから、そのような言葉に乗らないことが重要です。
たとえなかなか審査に通りにくくても、カードローンの借り換えは正規の金融機関に申込むようにしなければなりません。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら