借り換えが得か増枠が得か?

カードローンでお金を借りていて、もっとお金を借りたいときに借り換えでそれまで以上のお金を借りる方法があります。
それとは別に限度枠に余裕があるときに借りているところからさらにお金を借りるのが増枠です。
限度枠に余裕があれば、もっとお金を借りたいときに、借り換えでそれまで以上の金額を借りることは可能です。
一方で今までのところに増枠を申込むこともできます。

 

では、さらに多くのお金を借りるのに、借り換えと増枠ではどちらが得かということになります。
今までに借りているのが消費者金融であれば、銀行で借り換えをして、そのときに借入額を増やすほうがお得になります。
これは金利が銀行は消費者金融よりも低いからです。
また、銀行は総量規制の対象外ですから、借りられる金額が年収の3分の1を超えても問題はありません。
それができないときには今までのところへ増枠を申込むことになりますが、注意しなければならないのは自分のカードローンの限度額です。
たとえそのカードローンの限度枠が高くなっていても、自分のカードローンの限度枠が低く設定されていることがあります。
この限度枠を大きくするためにはきちとした返済実績が必要です。

 

ですから増枠をしたいときにはそれまでの返済をきちんとしていなければなりません。
また、返済のための借り換えや増枠は決してしてはいけません。
なお、返済のお金をつくるために借り換えや増額をすると、その後の返済がさらに厳しくなってしまいます。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら