キャッシング審査基準を知ろう

キャッシング業者に新規でキャッシングの申し込みをする時には必ず審査があります。
キャッシングは無担保で保証人も不要な融資ですから、借りる人の個人信用情報を調べるという審査の過程を経てからでないと業者もお金を貸すことが出来ません。
個人の信用情報には氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、個人資産、勤務先、勤務先の電話番号など個人が特定できるものと継続的な収入があるかどうか確認できる勤務先の情報が必要です。

 

もうひとつは、過去どのような業者からどのような融資を受けてどのように返済したかなどの金融関係の履歴情報と返済の遅延などの金融事故情報などが必要とされます。
消費者金融での審査では勤務先などの収入源が一番重視されます。
勤務先が大企業や公務員関係のような堅実なところであれば、業者にとっては最高です。

 

しかし、一般的に務めていてある程度の勤続年数があれば継続した収入が期待できますので、小口金融であれば返済には困らないだろうという判断がつき融資を受けることが出来ます。
近年では正規採用が少なくなり非正規採用が増えていますので悲観する必要はありません。
業者を選ぶことで審査に通ることも多々あります。
審査に通るのが難しいのは、無職、無収入、自営業の一部などです。

 

これらの人は担保、保証人がいないときには融資を断られてしまうこともあります。
過去に金融事故を起こしている人もブラックリストになってしまうためキャッシングの審査に通過することはできません。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら