キャッシングの自動融資機能

カードローンを利用していると毎月の返済がありますが、たまたま公共料金などの口座振替で残高が不足することがあります。
そのような場合に貸越限度内で不足分をカードローンの口座から自動的に融資するのがキャッシングの自動融資機能です。
この自動融資機能はカードローンの契約の形態によりますから、全部のカードローンについているわけではありません。
カードローンの種類によっては自動融資機能をつけられないことがあります。
必ずということではありませんが、カードローンの返済口座に契約した銀行の普通預金の口座を使えば自動融資ができます。

 

ただし、カードローンの利用可能枠が少ない場合に自動融資の金額がそれを上回ると、この機能は使えませんから注意してください。
その場合は残高不足で返済ができなくなり、返済遅延になってしまいます。
また、自動融資機能はカードを利用するのと同じことですから、自動融資で支払われた利用分には利息がつきます。
キャッシングの自動融資機能はこのように便利な面もありますが、カードローンを利用しているということでは同じですから、カードでお金を借りたことになります。
また、自動融資機能ができない支払いもあります。

 

このようにキャッシングの自動融資機能は便利な一面があると同時にその分のお金を借りたことになりますから、自分の口座の残高は常に管理をしていなければなりません。
キャッシングの自動融資機能があるからと安心してはいけません。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら