転職して勤務年数が短い人の申込み

キャッシングやカードローンでお金を借りる際に必ずある審査で、申し込み者の属性で勤務年数が短いと不利なことがあると言われています。
金融機関が勤務年数を重視する理由は、勤務年数が長ければ、それだけ続けて安定した収入があると考えるからです。
安定した収入があれば返済もきちんとしてくれるだろうと判断するからです。
その反対に勤務年数が短いと転職が多く、なかには会社を解雇されていて、安定した収入が継続していないとみなされます。

 

では、通常の場合、カードローンで審査が通り易い勤務年数はどれ位なのでしょうか?
もちろん審査は勤務年数だけを調べるのではありませんが、一般的には、会社員では1年以上、自営業ではそれ以上同一の会社に勤務していることが目安になります。
半年から1年未満の勤務年数では審査に通るかどうかは微妙で、半年未満では審査に通りません。
特に新入社員は勤め出してからすぐに会社を辞めて別の会社を探す二次新卒がいるので、勤務年数に関する審査は厳しくなります。

 

したがってカードローンの申込みをするのなら会社に勤務して1年以上経ってからにしなければなりません。
また、勤務年数は正確に書くようにして、審査に通り易いようにと水増しをするようなことをしてはいけません。
そのようなことは調べればすぐに分かってしまいますから、虚偽申告ということで審査には通りません。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら