どうしても返済できなくなったら

キャッシングやカードローンでお金を借りていると総額が大きくなってしまい、返済の意志はあっても現実的には返済ができなくなることがあります。
どうしても返済ができなくなったら、どうすれば良いのでしょうか。
このようなときには4つの方法があります。

 

それは任意整理、特定調停、民事再生、自己破産ですがこのうちのどれが良いかは借りている金額によります。
借りている総額が比較的少ない場合は任意整理が良く、司法書士や弁護士に頼まないで自分が裁判所で手続きをするのなら特定調停をします。
借りている金額が大きい場合は民事再生か自己破産になります。
この4つの方法のうちで最後の手段は自己破産ですが、自己破産をすると持家や自動車を売らなければなりません。
自己破産をしたということが官報に書かれますから、隠していても他人に知られることがあります。
債務整理をすると、ある一定の期間内にはどこからもお金を借りることができません。

 

これを狙うのが闇金融で、債務整理をした人、特に自己破産をした人は闇金融に狙われますから注意しなければなりません。
なお、これらの4つの方法うちのどれを選ぶかは本人次第ですが、どれが良いかと迷ったときにはそれなりの費用はかかりますが、きちんとした司法書士か弁護士に相談をしなければなりません。
ちなみに、これらの債務整理に必要な実際の手続きは司法書士や弁護士に依頼しないで自分で裁判所に出向いておこなうこともできます。

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら