専業主婦でも借り換えを利用できますか?

近年になって法律が変えられたことにより、キャッシング業者の貸出金利の上限が引き下げられました。
借りる人の年収によって貸し出し総額の上限まで制限が加えられるようになったためです。
現在の消費者金融業者について言いますと基本的に無収入では融資をしません。
専業主婦は一般に無収入となりますので、借りられるとしても配偶者の経済的な条件が融資審査に合致してかつその同意(保証)がないと無理でしょう。

 

しかし、専業主婦ですでに(複数業者から)借入があって現在も取引しているのでしたら、それなりの理由があるのでしょうから借り換えは可能だと考えられます。
このような状況で借り換えを希望する時には、金利の一番低い業者に相談してみるのが良いのではないでしょうか。
一般的な話になりますが、上記の総量規制は銀行には適用されていません。

 

そのため無収入の専業主婦でも銀行のカードローンまたは銀行傘下にあるキャッシング業者では、条件によっては借り換えが可能でしょう。
ただし、借り換えができるとしてもその金額は抑えられるかもしれません。
もし、配偶者の同意(保証)が得られるのでしたら、話は普通のキャッシングと変わらなくなります。
銀行系(金利が若干低い)のところであれば審査の範囲内で借り換え可能でしょうし、一般のキャッシング業者であれば配偶者の収入によって総量規制の規定内で業者の審査に通れば、借り換えが可能になると思われます。

 

 

 

キャッシングの借り換えに最適な借入先はこちら